ずっと心待ちにしていたこの季節が、今年は予想以上に早くやってきてしまったので正直驚きました。

例年であれば、三寒四温を繰り返しながら徐々に暖かくなって桜が咲き始め、南から次第に日本中がサクラ色に染まっていく印象があったのですが、今年は寒暖の差が大き過ぎた事も影響してか何故か関東地方で真っ先に開花宣言が出され一足先に満開を迎えました。

この時期いつも感心するは、非常に短い期間だけですが日本中どこを見上げても桜の花が綺麗に咲き誇っている光景が目に飛び込んでくる事です。

日本各地で毎年見ることのできる当たり前の光景ですが、こんなすばらしい光景は世界中どこを探しても見つけられないのではないかと思います。

サクラを見上げながらお酒を飲んだりご飯を食べたりという花見という文化もこう考えると非常に贅沢な時間の使い方ですね。笑

桜の季節が好きなもう一つの理由は、冬には一見、葉も枝も全然印象に残らないくらい空っぽに見えるのですが、一つ季節が変わり春を迎えると瞬く間に綺麗な花が咲き乱れます。このギャップが大好きです。


芽が出る前には一定期間の停滞があったりするという点が、なんとなく人生にも似ているような気がします。笑

四月になり、また新たなスタートを迎えたことですし来年のサクラを楽しみに、そしてサクラに負けないように新たな気持ちで仕事に取り組んでいければと思います。