関西の空梅雨があけて以降、雨が降る日が多くなっていますがいかがお過ごしでしょうか?

今週は、雷雨交じりの京都からお送りします。

先週から弊社もお盆休みを頂いておりました。
期間中は、幸いにもそこまで崩れた天気には見舞われず、
帰省や観光など社員もおもいおもいの長い(体感はとても短かった)余暇を満喫させて頂いたようです。

そんな中でブログ記事を書いている担当は、たまたま偶然本当に偶然まったく予定もなく空調のきいた自宅で過ごしていたわけですが。

…あ、ほんとうに偶然まったくの偶然です。
名誉のために明記しますが友人はちゃんといます。

実に5日間、本をじっくり読んだり普段家をあけて触れ合いの少ないペットと遊んだり、気が済むまで昼寝をしてみた結果いろいろと発見がありました。

窓をあけて静かに過ごしていると、外からは小学生の遊ぶ声や今年初めて聞いた気がするセミの声、窓から入り込む風の夕立の気配に空を見ればその青さと対比するように立派な入道雲など。
夏を強く感じることが出来ました。


惜しむらくは、夕方から雨のことが多く、
普段はなかなかできない夜更かしをしての夜空撮影ができなかった事。
5日間もあったのに部屋の大掃除をすっかり忘れていた事でしょうか。


体調も十分回復し、たまには贅沢に家から出ない休暇も良いものだと思いました。


今週から週明けに1度ずつ、お知らせとともに弊社スタッフが朝礼にて披露しているちょっとしたエピソードを載せていこうと思います。