あけましておめでとうございます。
本年度もどうぞよろしくお願い申し上げます。

皆さんはどんなお正月を過ごされましたか?
お正月となるとなにやら集まりがあり、そのたびに振舞い振舞われが重なって、つねにお腹が膨れる感覚が続くなんてことになりがちです。そんなお腹を落ち着かせるため…というわけではありませんが、1月7日は「人日の節供」といい、邪気を払い、無病息災や豊年を願い「七草粥」を食べる風習があります。

七草の種類は「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」。全部諳んじられましたか?私は途中でいくつか思い出せず、結局は調べてしまいました。

七草粥は元来、大陸から伝わった風習に、日本古来の風習である早春に若菜をつむ行い(百人一首などにも出てくる景色です)が混ざって生まれたと言われているそうです。
真冬に若菜と言うと違和感がありますが、旧暦のお正月7日目は今の2月にあたり、雪の下にもいち早く春の兆しが見え始めるころだったと言う事だそうです。今よりも環境に左右される生活を送っていた昔の人にとっては、待ちに待った縁起物だったのでしょうね。